1. >
  2. >
  3. 子育てママでも「趣味の時間」を作るコツとは

子育てママでも「趣味の時間」を作るコツとは

何をしたいか考える

子育て真最中のママたちにとって、育児は楽しみでもあり、ストレスに感じる事もあります。
最近では育児ノイローゼになってしまう人が多く、ママ一人で育児の悩みを抱え込んでしまいます。
そこで、ママでは無く一人の人として自由になれる時間があるだけで、子育てから解放されてリフレッシュする事ができます。

人によっては子供と常にいなければいけないと思い込んでいる人もいます。
そのため自分の事の為に子供を預けてまで自由な時間をつくる事に抵抗がある人もいます。
しかし育児を一人で貯め込んでしまうと、そのストレスは子供にも悪影響を与えてしまいます。
怒りやすくなる、言葉がきつくなる、ネグレクトになるなどの問題があります。

そのため自分の時間を持ちリラックスする事は、子供にとってもとてもいいことです。
子供と離れることで、愛おしい気持ちやまた育児を頑張ろうという気持ちも出てきます。
そこでまず自由な時間ができたら何をしたいのかを考え、そのためにどれだけの時間が必要なのかを明確にしましょう。

子供の生活リズムを利用

なるべく子供との時間を保ちながら自分の時間を確保するのであれば、精神的な苦痛も少なくて済みます。
そのためには子供の生活リズムを作り、子供が寝ている時間を有効活用しましょう。
子供が小さい頃は寝る時間が長いのが特徴です。
子供の生活のリズムを安定させると、寝る時間と起きる時間のサイクルも決まってきます。

特に寝る時間をいつも同じ時間にすることで、自分が寝る時間まで自分の時間を作ることができます。
趣味の為の時間やゆっくりお風呂に入る時間など好きな事に時間を使う事ができます。
またママの生活習慣も早寝早起きにすることで、朝子供たちが起きてくるまでの時間も自分の為の自由な時間にする事ができます。
自分の時間を上手に作る為にも、子供の生活リズムを決めていきましょう。

周りを頼る

子供の生活リズムを整えつつ、自分の時間を確保するのが難しい場合は、周りの人に助けを求めるようにしましょう。
一番頼りになり、お願いしやすいのが夫です。
二人の間に生まれた子供なので二人で育てるという意味でも、育児への参加に協力的になってもらいましょう。
休みの日に子供を連れて公園に行く、子供を連れて実家に遊びに行くなど一人になれる時間を数時間で構わないので作ってもらいましょう。

主に休日にお願いする事になる為、お願いし過ぎると普段の仕事が忙しい場合は負担になってしまいます。
月に一度半日お願いするなど、お互い一人で過ごす時間を確保するともめずに済む事ができます。
また近くに義理の両親や実の両親がいる場合は、気軽に頼んでみましょう。

孫の姿はかわいいもので、会えるのを楽しみにしている祖父母が多いです。
一緒に遊びに行きながら少しの時間だけお出かけしても構いませんかとお願いしてみるのがお勧めです。